女の人

結婚式の引き出物や新築内祝いを選ぶときは|おすすめの電報も紹介

お祝いの気持ちを伝えよう

メッセージ

忙しい方が電報を送る際は早めに予約を入れておくとが大切です。それによって割引サービスが発生するときもあります。近年はぬいぐるみやフラワー電報、マシュマロといったお菓子を使用した電報が存在しているので、用途によって使いわけるといいでしょう。

More...

品物選びに悩んでいる方へ

ギフト

引き出物選びで悩んでいる方は、まずは地域性を考慮することが大切です。品物の相場から、贈る品物まで地域の慣習というものが存在します。都市圏であれば、このような慣習は緩い場合がありますが、伝統的な地域だとこれを守らなければマナー違反だと捉えられる可能性があります。そのため、そのような地域で結婚式を挙げてご祝儀のお返しをするときは、そこの慣習を調べておくといいでしょう。また、両親や義理の両親がその地域に住んでいる方なら、そちらに話を伺ってみるのも大切です。引き出物を自由に選んでいいのであれば、無難な品物を選択するのもいいでしょう。その代表格と言えるのが食器です。食器は昔から最も引き出物として選ばれることが多く、贈られても困らないものです。ブランド品を選べば多くの方が喜ぶでしょう。しかし、二次会へ参加する方は重い食器を持ち歩くのは大変かもしれません。それを心配している新郎新婦は、お菓子を贈ってもいいでしょう。お菓子であれば高級品も多数存在しているので、どれを選んでも無難と言えます。しかし、生菓子は痛んでしまう可能性があるので、日持ちするバウムクーヘンやクッキーが喜ばれるでしょう。また、これらを注文するとき引き出物にこだわりがある方は、高級洋菓子店などでまとめて購入するといいでしょう。しかし、結婚式の準備で忙しい方は、式場のプランナーに頼むといいでしょう。プランナーはカタログを準備してくれるので、そこから自分たちで選ぶことができます。

カタログギフトがおすすめ

ギフト

祝儀のお礼として贈る引き出物は、手渡しでも郵送でも渡すことができますが、カタログギフトであれば荷物にならないので招待客に喜ばれるでしょう。また、値段別でカタログを準備しても、招待客から見た目で引き出物の中身に違いがあることが分かりません。

More...

お返しするときのマナー

一軒家

新築祝いを戴いた方は早めにお礼の連絡を入れて、2ヶ月以内に新築内祝いをお返しすることが大切です。品物の値段は3割から半額程度が相場であり、基本的には何を贈っても構いません。通販サイトでは、相手の住所まで郵送してくれるサービスがあります。

More...