お花

結婚式の引き出物や新築内祝いを選ぶときは|おすすめの電報も紹介

カタログギフトがおすすめ

ギフト

結婚式でご祝儀を戴いたら、引き出物を贈るのがマナーだとされます。しかし、新郎新婦にとって引き出物はどのようなものが相応しいのか、迷ってしまうかもしれません。まずは引き出物を選ぶ際に、どの程度の値段のものを選べばいいかを把握しておきましょう。地域の習慣によっても異なりますが、基本的に祝儀の3割から4割程度の値段がいいと言われています。そのため、3万円の祝儀を戴いたのであれば、1万円程度のものを贈るのがベターと言えるでしょう。また、近年は引き出物が結婚式の当日に渡すものではなくなってきました。結婚式を終えてそのまま帰る人なら手土産でもいいでしょう。しかし、二次会や三次会など式のあとも続けて催し事に参加する方にとって、大きすぎる手土産は移動の際に荷物になってしまう可能性があります。これを避けるために、最近では式の後日に郵送される事例が多くなっています。郵送の準備が面倒でどうしても当日に渡したい方は、カタログギフトがおすすめです。これなら郵送も可能な上に、カタログそのものが軽いので手渡しでも持ち運びに苦労しません。招待客が自ら引き出物をカタログから選ぶことができるので、そもそも引き出物選びに悩むこともないでしょう。また、新郎新婦によっては上司や友達といった招待客別に、値段の異なる引き出物を贈る方もいるでしょう。その際に中身が比較されるのを嫌がるカップルもいますが、カタログギフトであれば3000円、5000円、1万円と値段別でカタログを渡せばいいのです。そのため、見た目で引き出物に違いがあることを知られる心配はいらないでしょう。