お花

結婚式の引き出物や新築内祝いを選ぶときは|おすすめの電報も紹介

お返しするときのマナー

一軒家

新居を建てた方のなかには、新築祝いを戴いた方も多いと思います。これは新築内祝いとしてお返しする必要があり、タイミングとしては引っ越し後から1、2ヶ月が良いとされています。引っ越し直後は引っ越しの片づけや役所での手続きに追われることが多いので、すぐに内祝いを準備する必要はありません。しかし、もらった当日や翌日にはお礼の電話や手紙を出すのがマナーと言えるでしょう。新築内祝いの相場としては、高くても戴いた物の半額程度でいいとされています。基本的には3割から4割の代金の品物を内祝いとして贈る方が多いようです。また、品物は基本的にどのような物でも構いません。最近はインターネットでどのような品物が人気なのか調べることができるので、ランキングサイトを参考にするといいでしょう。

渡すときは手渡しが最も丁寧だと言われていますが、会社関係や交友関係にある方ならともかく、普段は会わない遠方の方まで渡しに行くのは大変でしょう。そのため、最近では通販サイトで新築内祝いを購入して、そのまま相手の住所まで郵送してもらうことが多いようです。サイトでは、熨斗から箱の形状まで選ぶことができるので、贈る相手に合った品物を選択することができます。通販サイトでの効率的な探し方として、品物別だけではなく、値段別でも選ぶことができます。さらには、親族や目上の方、友達など贈る相手別に相応しい品物をピックアップしているサイトも存在します。このように効率的に新築内祝いを贈ることができる点が、通販サイトの魅力と言えるでしょう。